さいたま市見沼区の心療内科・精神科 | 東大宮メンタルクリニック|蓮田、見沼、白岡、土呂、大宮、上尾

心療内科・精神科なら東大宮メンタルクリニック|専門的診療・漢方診療ページ|
埼玉県さいたま市 大宮 宮原 川越 上尾 浦和 久喜 岩槻 桶川からの来院も便利です

専門的診療・漢方診療


専門的診療 

職場のメンタルヘルス

  • 休職、復職のご相談
  • 会社や職場産業医との連絡
  • 各種診断書発行
  • 職場のメンタルヘルスには休職やリハビリ出勤、段階的な復職における会社との環境調節、
    産業医や保健スタッフとの連携などの問題があります。お気軽にご相談ください。


    月経前症候群(PMS)、更年期診療

  • 生理前に出現するいらいら、憂うつ、ほてり、動悸、冷え
  • 更年期のいらいら、情緒不安定、ほてり、ホットフラッシュ
  • 生理不順による心身の変調
  • 妊娠中や出産直後の憂うつ、情緒不安定、心身の不調
  • 生理前や更年期、妊娠中や出産前後には上記のような特徴的な心身の不調が見られることがしばしばあります。こうした不調には女性ホルモンが関与しているといわれています。
    適切な処方、特に漢方薬はこうした女性特有の不調に有効である場合があります。


    思春期診療

  • 学校や家庭での不適応、ストレス
  • 学校に行こうとすると頭痛や吐気など体調が悪くなる。
  • 不登校
  • 家族相談
  • 多感な思春期には特有のストレスや問題があります。思わぬ心の病気が隠れている場合もあります。
    お気軽にご相談ください。


    漢方診療

  • むくみ
  • めまい
  • 冷え性
  • 風邪
  • 虚弱体質
  • 生理不順
  • 肥満
  • 漢方薬は自然な治癒力、免疫力を改善する作用があり、代替医療として注目されています。
    漢方薬はじっくり効果を発揮し、体質を改善する薬です。
    副作用が少ないのも特徴です。


    漢方薬とは?

    冷え性、むくみ、虚弱体質、風邪をひきやすい、水太りなど人間には様々な体質があります。
    漢方薬は体のバランスを整え、じっくりと体質を改善する薬です。


    西洋薬との違い

    漢方薬は長期間にわたって、少しづつ体質を改善する薬です。
    飲んですぐには効果を実感しにくいですが、副作用もすくなく、長期的な効果を発揮します。
    冷え性、むくみ、更年期のほてりやいらいら、高齢者の風邪に対しては特に効果を発揮します。


    心療内科と漢方薬

    うつ病や躁うつ病などの症状が激しいときは、漢方薬だけではあまり有効ではありません。
    抗うつ薬や抗不安薬が治療の中心となり、漢方薬は補助的な使用が中心となります。
    慢性的ないらいらや動悸、異物感、高齢者の頭痛には漢方薬が有効な場合が多いです。


    成年後見制度 

    認知症や統合失調症などの疾患により、判断能力が不十分になってしまった方々は、不動産や預貯金などの財産を自分ひとりで管理することが難しい場合があります。
    また自分に不利益な契約を結んでしまったり、悪徳商法や振り込め詐欺などの被害にあうこともあります。


    判断能力の不十分な方々を保護し、支援するのが成年後見制度です。
    成年後見制度では、専門医による鑑定により、家庭裁判所が後見人や保佐人を選任します。
    後見人や保佐人が選任されると、同意がない場合、ご本人がなされた取引でも後から取り消すことができます。

    後見人や保佐人の選任には、医師による鑑定が必要となります。

    成年後見制度の導入をご希望のかたはご相談ください。

    【専門的診療・漢方診療ページ】埼玉県さいたま市の心療内科・精神科なら東大宮メンタルクリニック。当院は東京大学医学部附属病院の連携医療機関です。蓮田 見沼 白岡 土呂 伊那 大宮 宮原 川越 上尾 浦和 久喜 岩槻 桶川からの来院もとても便利です。
    うつ病・パニック障害・パニック障害・認知症・統合失調症・発達障害・ADHD・自閉症スペクトラム障害(アスペルガー障害)・睡眠障害・不眠症・強迫性障害など様々なこころの問題をひとりひとりの患者さんに合わせて診療しています。


    [スマートホン以外の携帯サイトはこちら

    サイトマップ リンク

    このページの先頭へ